メニュー

むし歯治療

accdb8c8d9a084e4915170779db163ad_t

初期の段階のむし歯では、自覚症状はほとんどみられません。それは歯の表面を覆っているエナメル質がとても硬いうえに、痛みを感じる神経まで刺激が届かないからです。

「冷たいもの、温かいものがしみる」「歯がズキズキ痛む」などの自覚症状が現れた場合、むし歯が原因の場合は歯の奥深くまで進行しているといえます。進行していればしているほど、治療が複雑になり治療回数・時間が増加してしまいます(むし歯が神経に達して痛みが出ている場合は、根管治療の適応となり、なおさらです)。

他に上記の症状がみられる状態としては、様々な要因による『象牙質知覚過敏症』などがあります。いずれにせよ、正確な診査・診断に基づき、適切な対処が必要となります。

少しでも気になる症状があれば、できるだけ早めにご相談ください。

初診・診療の流れはこちら

痛みの少ない治療のためにはこちら

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME