メニュー

小児歯科

3ddb220134721de2575bfc81561145c6_t

 子供の歯(乳歯)は大人の歯(永久歯)に比べ、エナメル質や象牙質といった構造の厚みが約半分であり、石灰化も不十分であるため酸に溶けやすく、むし歯になりやすいといった特徴があります。進行が速く、すぐに大きなむし歯になることもあり、早期発見が重要となります。

「永久歯に生え変わるからむし歯になっても大丈夫」ということは決してありません。乳歯のむし歯によって永久歯の素(歯胚)に影響が出たり、早期に乳歯を失った場合や歯と歯の間のむし歯によって、永久歯の生えてくるスペースが少なくなり歯並びやかみ合わせに影響が出ることがあります。乳歯の健康は永久歯の健康に影響するのです。

当院では、お子様一人ひとりにあった歯磨き指導、食事指導、予防処置(フッ素塗布・シーラントなど)をおこなっています。また、将来の歯並びやかみ合わせの不正が予測できる場合は「咬合誘導」という治療もおこなっています。初めて歯科医院を受診する場合は、慣れるための段階的なトレーニングをおこなう場合もあります。

子どもの時のお口の健康が、大人になってからのお口の健康のために大変重要になります。是非お気軽にご相談ください。

⇨初診・診療の流れはこちら

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME