メニュー

根管治療

endo歯の中には神経や血管が入っている細い管があります。これを「根管」と言い、根管がむし歯による細菌感染を受けた場合や、歯にヒビが入って細菌が侵入した場合に、強い知覚過敏やズキズキした痛みが生じます。すでに神経のない歯でも、根の先端まで感染が及んだ場合に、咬んだ時の痛みや根の先の部分の歯ぐきの腫れが生じます。

これらの場合、根管をきれいに掃除して感染物質を除去する必要があります。そういった歯の根の治療を「根管治療(歯内療法)」といいます。

根管治療は歯科治療においてとても重要な治療です。例えば、立派な建物を建てる際に基礎工事がしっかりしていないと、せっかくの建物も長く持ちません。歯も同様に、根管治療(基礎工事)がしっかりしていないと、セラミックなどの高価な治療(建物)をしたとしても、後々に根の先に膿がたまってきたり炎症が起こったりして、せっかくのセラミックを除去して再治療が必要となる場合があります。

そのような事態をさけるため、丁寧で適切な根管治療が必要です。すでに歯に痛みが出ている方や、繰り返し根の先が腫れる方はお早めにご相談ください。

⇨初診・診療の流れはこちら

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME