メニュー

歯周病治療

c322134b490765a13099b18274560e02_t歯周病は「人類史上最も感染者数の多い感染症」としてギネスブックにも認定された病気です。歯周病源性細菌によって歯ぐきや骨などの歯周組織が破壊されます。「silent disease(静かなる病気)」などとも表現され、自覚症状がないまま進行し、気づいた時にはかなり進行していることが多いのです。段は症状がなく体調が悪い時や疲れた時などに急性症状を引き起こして受診する方も多くみられます。

自覚症状が少ない病気ですが、主な自覚症状としては「歯ぐきから血が出る・膿がでる」「歯がグラグラする・歯が動いてきた」「口臭が気になる」などがあります。他にも歯ぐきが退縮し失われた場合に「歯がしみる」場合があります。

繰り返しになりますが、自覚症状が出てくる頃には中等度〜重度の歯周病である場合がほとんどです。当院には日本歯周病学会に所属している歯科医師が在籍し、正確な診査・診断から歯周外科・歯周組織再生療法、適切なメインテナンスまで幅広く対応します。早期発見・早期治療が重要となりますので、お早めにご相談ください。

⇨初診・診療の流れはこちら

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME